Skip to content

月別: 2016年5月

第三回セミナー 内藤翔太 グループディスカッションとIVRCネタ評価

第3回セミナーではグループディスカッションについてとIVRCのネタ評価について学びました。 まずグループディスカッションは最低、会社の事を知っていれば出来る内容となっています。 しかし、それは戦術。 グループディスカッションの基本の戦略としてはまず。チームを勝利(面白くて現実的な案)へ導く事です。 そして、個人の戦略は意見のまとめ役になるということです。 進行、司会役になりみんなのアウトプットを促す役割は重要でということです。 この進行役を取れば個人の勝利に近づけます(上手く意見をまとめ促せば)。 もし、進行役をとられたら、記録役とタイムキーパーをとることです。 この二つも意見をまとめ促しができる役割です。 例えば記録役は「メモするからこっちからアイデア出していって」と促しが出来ますし。 タイムキーパーは「制限時間が○分だから、○分でアイデア出していって・・・」と全体をまとめられます。 IVRCネタ評価。 皆が出していったネタを発表していき「不可能を可能にする」、「シチュエーション・慣用句」、「ハイクオリティ」「これは売れそう」、「モテたい」の5個に分類するというのをやりました。 しか…

第二回セミナー 内藤翔太 ESとIVRC2014

二回目で学んだこと エントリーシートで大切なことは戦術以外にも戦略が大事。 戦術は文字が綺麗、誤字脱字が無い、良い文章などなどですが。 戦略は権限が強い人に気に入られるような文の内容にする。ということを学びました。 確かに、力が弱い人が何人も気に入られても、決定権のある人が納得しなければ意味があんまりないなと思います。 また、入社理由に好きは意味が無いとは聞いたことがありましたが嫌いも意味が無いということは驚きました。きちんと嫌いな理由が企業の成長に関係があるのならばですが。 2014年10月23日(木)~26日(日)に開催されたIVRC「2014年」を紹介したいと思います。 総合優勝、日本VR学会賞、川上記念特別賞に輝いた3つをピックアップし簡単な紹介をします。 作品はこちらの名古屋予選の10秒紹介か、こちらのDCEXPO TV版のから見れます。 総合優勝:チャイルドフード(シャンピニオン・筑波大学) 子供の体に戻って体の使いにくさや世界のキラキラ感を感じることができます。 キラキラ感とは一体・・・。 日本VR学会賞:ヴィブロスケート(だらけハプティクス・東京工業大学) スケボー型デ…

2016年度前期セミナー始まりました

以下のメンバーで活動開始です! 1423089 望月 宥冶 1423108 内藤翔太 1423115 錦澤竜也 1423120 中川 遥介 1423127 萩原 祥太 1423130 志村 陽一 1423131 影嶋 鼓宇 1423139 武田 竜平 1423145 浅野 隆弥 早速自己紹介を投稿していただいております。 お目汚しもあるかもしれませんが,以後よろしくお願いいたします.

第一回セミナー 内藤翔太 自分を紹介!

情報学部情報メディア科学籍番号1423108 内藤 翔太(ナイトウショウタ)です。 神奈川県育ちの神奈っ子です。 好きなことは食べること、遊ぶことです。大学に入ってからは艦これに、はまっています。 嫁艦は扶桑さんです.   また最近は「小説家になろう」でラノベ的なものを書いています。 こちらから見れますが恥ずかしいのであまり見ないでいただくと嬉しいです。 プログラミングは苦手なので他の事で積極的に行動したいと思います。 第一回セミナーで学んだこと 自分のやりたいことについて考えさせられるような話しでした。 自分は全く成長してないなと思ってしまいます。それなのに思い出せないことが多いのはただ興味を持たずに色々してきたからだと考えました。 なので、これからはしっかりと興味を持ち、疑問を見つけ、解決していきたいと思います。      

自己紹介 1423145 浅野隆弥/Nerd、インターンシップを目指す。

こんにちは。 学籍番号1423145、浅野隆弥(あさの たかや)です。 自己紹介 長野県出身です。こんな感じの山と田んぼに囲まれたところで育ちました。 大学ではプログラミングに重きを置いて勉強しています。 Unity,Java,C,C++,Arduinoなど… また、趣味で絵を描いたリ、モデリングしてみたり、3Dプリンターで遊んだりしています。 とにかくいろいろなことに手を出しています。 あと、ゲーム創作同好会に所属しています。学園祭の時はぜひ遊びに来てください。 第一回セミナーで学んだこと 第一回セミナーでは成長するということはどういうことなのか学びました。 成長すると思い出せなくなるため、ブログに記録として残すそうです。 自分は文章を考え、まとめるのが非常に苦手なので、このセミナーでどれくらい成長できるか楽しみです。 後は技術的なこともブログに載せられたらいいな、と思います。 よろしくお願いします。

第13回 スケッチ教室つづき

こんにちは 高橋弘樹です。 13回目のセミナーは、久しぶりに白井研究室で行いました。 今回もスケッチの事を学びました。 スケッチブックと鉛筆を用意します。 スケッチの前には、前回と同じく線を描く練習をします。 二点透視図法で立方体を書きます。 次に円柱を描きます。円柱の描き方にも手順があります。 手順を知っていればそれなりのものが楽に描けます。 横方向に一番長い楕円を描き、一番長い部分の両端から垂線を二本下ろして、最後に楕円の下半分を描けば出来ます。 楕円の参考になります。 eto-seikatsuto.blog.jp/archives/318015.html   次に、顔を描きました。 このサイトを参考にして描いたので参考にどうぞ。 tat1500cc.com/dessin/HowToDessin?key=hito1 今回の、成果です。   では、さようなら    

第4回 1323150 高橋弘樹/漫画ジェネレーターの組たて

遅れましたが第4回です。 今回は、漫画ジェネレーターを組たてました。 漫画ジェネレーターは、自分が漫画の主人公となるマシンです。 なにいってるか分からんってひとは、リンク見てください。 動画もあります。 karapaia.livedoor.biz/archives/52138531.html この漫画ジェネレーターを組たてました。