choregrapheを使ってPepper開発してみる-HelloWorld編

早速choregrapheを使ってみたいと思います

開いた時の画面はこんな感じ

スクリーンショット 2015-02-08 22.53.05

なんかワクワクする画面レイアウトですなあ

今回はこちらのページを参考に進めていきたいと思います

右下のロボットアプリケーション/ロボットビューからロボットビューを選択するとNAOさんが現れます。これがエミュレータロボットですね、Connectしていない状態でも動かすことができます。

チュートリアルに従いAudio > Voice > SayからSayをドラッグし、Linkをドラッグでつないであげます。ものすごい視覚的に組める。

スクリーンショット 2015-02-08 23.02.02

 

これで上の緑色の再生ボタンを押すとロボットが”Hello”と言うらしいです。

残念ながらエミュレータなので音の再生はありませんでしたがエミュレータ上のNAOさんのフキダシにHelloの文字が。

 

 

 

この要領でMobe toとか追加してやるとNAOさんがトコトコ歩いたりしてくれます

スクリーンショット 2015-02-08 23.09.17

 

 

動作Aをした後に動作Bをさせたい場合は

スクリーンショット 2015-02-08 23.13.10

こんなふうにつなげてあげるといいです。わかりやすいですね。

スクリーンショット 2015-02-08 23.14.47

たくさん歩かせるのは忍びないので座らせてあげました。

思ったより”よっこらせ”感の強いおっさんみたいな座り方。

この他赤外線飛ばしたり、Pythonで組んだスクリプト等も実装できるみたいです。