ゲームプログラミング #0

こんにちはの人はこんにちは
はじめましての人ははじめまして、渡邉です。

3年の前期にあるゲームプログラミングの講義でDirectXを使ったゲームプログラミングをやらなくなってしまったので、代わりと言ってはなんですがこちらでやっていこうと思います(僕の備忘録を兼ねてます)。

講義のほうではC++とDirectX9を使っていましたが、どうせなら新しいこともやりたいのでDirectX11を使っていきます。そして、目標は簡単な2Dゲームエンジンの作成と縦スクロールシューティングゲームの完成を目指します。出来れば3Dもちゃんとやっていきたいと思います。

ここ最近UnityやUnreal Engineといった、高性能で誰でも簡単に、しかも無料で使えるゲームエンジンがいろいろあり、どんどん進化を続けています。おかげでゲーム開発の敷居が下がり、専門的な知識があまり必要なくなってきています。

つまり、そのようなゲームエンジンでは、描画や衝突判定など、どのゲーム開発でも共通するような部分は覆い隠され、ユーザーは小難しいことを気にすることなくゲーム作りに専念できるということです。

しかし、そういったコアな部分をどのようにプログラミングしていくのか全く知らないままゲームを作っていくというのは良くない気がします。

ゲームがどのように動いているのか知っているのと知らないのでは、きっと大きな違いがあるはずです。難しいことはなるべく触れないようにしたいのは山々ですが、完全に知らないまま、というのはなんだか恰好悪いと思います。

 

結局は自己満足ですが、お付き合いいただけましたら幸いです。

次へ進む→

 

“ゲームプログラミング #0” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*