Skip to content

タグ: 構造的な文章

#7-結論と三本柱(東田茉莉花)

こんにちは、東田です。おいしくてあったかい中華が食べたいです。 さて、今日のセミナーでは   みんなでクリスマスの飾り付けを行いました。楽しかったです。 ―終―         …嘘ですよ?   ドアを開けた瞬間、LEDを吊り下げようとしていたセミナー生が目の前にいてどうしようかと思いました。 早いものでもう12月ですね。今週の金曜で卒研配属の第一志望が締め切りです。いやはや…。     ……は、話を戻しましょう!   本日のセミナーでは構造的な文章とについての話や、ポートフォリオの添削を行いました。   さて、そもそも構造的な文章とは何でしょうか。 感覚だけで書く文章ではなく、伝えたいことを目的に沿って書かれている文章のことです。 具体例としては論文や法律等ですね。 特徴としては、チャプターがしっかりしていることが挙げられます。 また、小説のプロットを考えるとき等、感情を込めた文章にも使えます。 その中で出た概念で、結論と三本柱があります。 結論と三本柱 この話の結論は何であるか?=結…