Skip to content

タグ: お絵かき

3番:画力は説明力も基礎力は地道な努力_武藏島雄理

こんにちは。高校まで絵を描くことが大嫌いで避けていた武藏島です。 よろしくおねがいします。   今回のセミナーではぺライチ企画書の発表でした。 企画の説明をする際には文章だけでは足らず、スケッチなどを使ってビジュアル的に提示する必要があります。 しかし、私たちには説明に使用するようなスケッチを描くような技量がなかったようで、急きょスケッチ講座が始まりました。   初めに直線を何度も引いて格子状にするという一見基本的なことだと思うのですが、 これが難しく、どんな世界においても基礎はその人の実力をよく表しますね。 直線を描く際には鉛筆は長めに、寝かせて持ちつつも芯の太さには気を遣うようにするといった描き方から教えては貰ったものの、 中々きれいには線は引けないでよれてしまいます。取りあえず腕全体を使って練習する必要がありそうですね。   次に、描いたのは箱と円柱ですが、 やはりこれも直線が引けてこそといいつつも、初めに目標となる印をつけて線を引く、垂線を引く、平行線を引くといった今回のメソッドによって歪みは意外と少なく済んでいる。この様なメソッドは確かに知ってい…

絵がまったく描けない?そんな時のお絵かきメソッド!!

みなさん、こんにちは。 白井研究セミナーの鈴木です。 最近だいぶ暑くなってきましたね~(汗) だけど、夜はちょっぴり涼しいので服装に困る時期です。 前回の5月17日のセミナーでは、急遽?白井先生によるお絵かき講座を行いました。 もともとはIVRCに向けたペライチ企画書の発表だったのですが、セミナー生の企画書を見た先生が「絵を描くためのメソッドを教えます!」と言って講座をやることになりました。これはお察しですね(笑) まずは、研究室の机に転がっていた「ハコスコミニ」を描くことになり、何分か観察した後は実物を見ないで描くことになりました。 しかし、絵を描くのが苦手な筆者はいざ描こうとすると外形だけ描いてすぐに終わってしまいました。 しょうがないということで、その後先生は実物を見ながら描くことを許可してくれました。 実際に見て描くと、頭に記憶していたものと少し違っていてどのような構造になっているか考えながら観察することが大事だと思いました。 「展開図も描くといいよ」とのことだったので実際に解体して描きました(もちろん、しっかり元通りに戻しましたよ!) 筆者が描いたハコスコの図 先生からのアド…