白井研究室セミナーを通して学んだこと(菊崎駿介)

こんにちは、神奈川工科大学情報メディア学科3年生の菊崎駿介です。

先日で最後のセミナー授業が終わりました。
今回は今までのセミナーでどういうことをやってきたか、そして学んだことをまとめていきます。

IVRC2015

前半は「IVRC2015」出場を目指し、同じセミナー生の強矢君と協力して『めかくしんどう -BliVib-』の企画書、企画梗概作りを行いました。
以下はめかくしんどうの企画梗概になります。
めかくしんどう_企画梗概

まずはじめに企画アイディアを考えるにあたって、過去IVRCで発表された作品の調査と既存研究の調査を行い、考えたアイディアの新規性を確認しました。
既存研究の調査はIVRCだけではなく、オリジナルの作品開発や研究でも必須の手順なのできちんと覚えておきたいです。

アイディア出しから予備実験、試作機開発、ワードでの企画書作りといった一連作業を期限内に終わらせるにはチームでの連携が重要ですが、最初は連絡不足で話し合いの場が少なく、結果的に一連作業のスタートがかなり遅れてしまうことになってしまいました。このことから連絡の重要性を学び、以降はお互いの状況を報告しあうようになりました。

企画書にかぎらずですが、自分の作ったものをより良いものにするためには誰かの評価が必要です。企画書作りにあたって、何度も先生や先輩方のレビューをいただき修正を繰り返しました。このことから途中経過でも頻繁にレビューしていただくことが大切だと学びました。

先輩の論文レビュー

後半は卒業論文の書き方を学ぶため、白井研究室の先輩方が「第20回日本バーチャルリアリティ学会」で発表する論文のレビューを行いました。
先輩の論文をレビューしていて気づいたこと、考えたこと箇条書きでまとめていきます。

・文章中に「の」が連続してしまうと違和感を感じること(例、○○の△△は□□の~)
解決方法として言い回しを変える、または句読点で区切ってしまうのが良いと思われます(例、○○は△△である。□□は~)

・主語と結び間の記述が長いと、主語を見失ってしまう(例、○○を……より△△する)
解決方法として主語を結びの直前に持ってくるのが良いと思われます(例、……より、○○を△△する)

・文章間で表現は統一する(例、合わせて、合体させて)
この場合はどちらかで統一します。

・文章中の引用で、引用元名称はきちんと書く(例、[1]で示された~)
突然記号が出てくると違和感を感じます。解決方法として「引用[1]では」「○○[1]」のように書くと良いと思われます。

他の人の文章を読んでみると、今まで意識してこなかった書き手順が見えてきました。
しかしいざ自分で書くとなると難しいところです。何度も文章を書いてレビューを受けることが大切だと学びました。

まとめ

私が半年間のセミナー授業で学んだ一番のことは「作ったものを評価してもらう大切さ」です。
自信のない作品、文章だからこそ、誰かの目に触れることを恐れるのではなく、むしろ積極的に発表して評価されなければ改善することができないからです。
今後作るものは必ず友人、先生に見せて評価をしていただくことを意識していきます。

白井先生、先輩方、セミナーの皆さん、半年間ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

コミックマーケットにおける実践的マーケティングの研究

こんにちは!神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 3学年の山口裕太です。
今回は「コミックマーケットにおける実践的マーケティングの研究」についてお話したいと思います。

まずみなさん「コミックマーケット」というものをご存知でしょうか?
コミックマーケット(通称コミケ)とは、年2回(夏と冬に)開催をしている日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームなどの同人即売会のことで、参加者が50万人を超える一大イベントです。毎年東京ビッグサイトにて行われていて、今年は8月14日から3日間行われます。

Comicmarket62_00
コミックマーケット会場内の様子

私は、このイベントでサークル(出店者)として参加します。その中で、今回は表題にもあるように「実践的マーケティングの研究」をしていこうと思っています。
参加者50万人いる中で、自分のサークルの前を通る人は1万人ほどだと思われます。その中で私の作品を見てくれるのはほんの一握り、さらに財布を開いてくれるのはもっと少ないのです。
私の作品を立ち止まってみてくれた人たちにどう訴えかけられるかが今回のポイントになっています。

10888548_1524096071172875_4699109345178086171_n
コミックマーケット 86 に参加した時の様子

私は去年も参加していました。ですが去年は無料配布での参加で、「モノを売る」ということをしていませんでした。今回は値段を付けて販売するため、その値段以上の付加価値をどれだけ出せるかが重要です。
去年実際にやって見ていってくれた人にはこんな方々がいました。

スライド06
見ていくお客様(最終発表スライドより)

こういった人たちに訴えかけられるモノを作っていく中で、私は一番伝えたい人としてさらなる狙いを付けました!

 

スライド07
目標のターゲット(最終発表スライドより)

実践的マーケティングを体験すると同時に「自分を売っていく」ということも意識しています。今後就職に向かっての糸口となるような、爪痕を残せるような、そんな機会にしたいと考えており、メタルスライムほどの確率の方々に「かいしん の いちげき!」を与えられるように頑張っていきます。

このセミナーを受け、IVRC企画書作成の時に得た「魅力的なパッケージングの方法」や、ニコニコ超会議での宣伝、ポートフォリオ制作で学んだ「自分を売り出すこと」を存分に活かし、今回のゴールである「興味を持ってくれた人(先生の経験則では全体の1〜3%)に訴えかけられるものを作る」「自分を買ってくれる人はどんな人なのかを調査」「自分を発信していく」ということを意識し、今回の研究及び自分の発信を成功させたいと思います!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!
もし会場に足を運ばれる方がいらっしゃいましたら是非お立ち寄りください!!

日時:8月16日(日)
会場:東京ビッグサイト 東地区 Rブロック 48b
サークル名:亜空間盆地

何かございましたら私の Facebook までお願い致します。

山口裕太の Facebook ページ

白井研究室セミナーを通して学んだこと(藤澤佳記)

こんにちは。神奈川工科大学情報メディア学科の藤沢です。

まず、私が神奈川工科大学のセミナーについて軽く触れて、それから学んだことを記していきたいと思います。

私が所属する情報メディア学科では、3年次前期に行う授業としてセミナーというものがあります。これは先生ごとに内容の異なる短期のゼミのようなものであり、授業をしながら研究室について学ぶことができます。

私はこのセミナーで白井先生の行うセミナーを選択しました。白井セミナーはIVRCという、日本バーチャルリアリティ学会が主催するコンテストへの企画作品の応募がメインテーマとなっており、私はそれに興味をもち、受講することを決めました。15回という短い期間の中で自身が学んだことや得たことを書いていきます。

初回から3、4回目まではブログの書き方やIVRCの過去の調査を行いました。

IVRCの過去の調査では、過去にどんな作品があったのか、それらを鑑賞しつつ、アイデアやその作品の主たるテーマなど、作品を作るうえで知っておくべき内容を調査するものでした。この結果はブログで報告しました。

ブログは、まさにこうして文章を書く方法を教えていただきました。最初の方ではIVRCの過去の作品の調査結果を報告する手法として紹介していただきました。現在はまとめとして、さまざまな文章を書いています。

5回目以降から10、11回目くらいまでは本格的にIVRCの企画を行いました。

まずチームを決め、そこからチームでの作業が続きます。私のチームは2人で、もう一人は同じ情報メディア学科の古田君という人でした。彼はすごく行動力のある人で、私が何もわからなくて手が出せなくているとき、一人で頑張ってくれていました。そんな彼に引っ張られるように動き出して、何度も試行錯誤を繰り返し、二人で一つの企画書を完成させました。私はこのとき、行動力、積極性の大切さを知り、それらをかなり高めることができました。

IVRCには企画書、及び企画梗概を提出しましたが、私はこれらに取り組むのが初めてであり、わからないことだらけでしたが、白井先生、先輩方、そして他チームの方に添削をしていただき、何度も何度も文章を校正していくことでチームの絆が深まると同時に意見もまとまっていきました。私は文章を何度も校正するうちに、自身には文章を“書く”力があることを発見することができました。眠っていた力が開花したようです。また、古田君と協力し、期限に向けて作業を共にしたり、それだけではなくたくさん迷惑をかけたことや助けてもらったことを含め、チーム、グループの大切さや重要さに気づくことができました。そしていまではチーム、グループワークで仲間と最大限力を発揮して作業に取り組む、そんな自信もあり、企画、そしてそれにむけたチーム作業を身を以て体験することができて本当に良かったと思っています。以下は企画梗概の画像です。

kougai

IVRCに応募した企画は通りませんでしたが、機会があればまた再挑戦してみたいと思っています。

IVRCの結果は、私のチームを含めほかのチームも企画が通らなかったため、自身のやりたいことを残りの授業で行うこととなりました。

私は同じ情報メディア学科の菊崎君とともに白井セミナーの先輩方の論文を添削する、ということを残りの授業で行うことに決めました。

最初に読み始めた時、なんとも難しいことが書かれていて、一人では理解するのが大変で菊崎君と一緒に添削を行っていました。時間もかかっていて効率が悪かったように思います。後々内容が理解できてくると、1つの論文を読む時間が短縮でき、さらに的確な添削ができました。普段、他人の文章をみて添削することはしないので、IVRCの企画作成で発掘した文章力がさらにここで向上しました。

論文添削時の画像を以下に紹介します。

20150729114818

 

文章力はインターンや就活、テストやレポートなど、多岐にわたる分野で存分に生かすことができるため、うれしい気持ちとこれからくるさまざまな課題にわくわくしています。

では、神奈川工科大学のセミナーを通して学んだことをまとめたいとおもいます。

ブログの書き方、企画書についての理解の向上、企画書の書き方、を学び、授業に取り組むうえで文章力が開花し、また、チームワーク、積極的に物事に取り組む姿勢、チャレンジ精神を養うことができました。先輩方とのふれあいや仲間、先生との話し合いの中で、意見を言い合い、ディスカッションにも慣れることができました。私がこのセミナー、そしてこのメンバーで取り組んだ企画や授業で多くのことを学び得て、たくさんの経験ができて、楽しかったし、なにより白井セミナーを選んでよかったと思っています。

最後になりましたが感想を述べたいと思います。

白井セミナーでは授業外かつ課外活動が多くて楽しかったです。白井先生をはじめ、研究室の先輩方や仲間のみんな、周りの人たちの明るい雰囲気が居心地がよくて、素直な気持ちで授業に参加できてとてもさわやかな気持ちです。今回のセミナーで学んだことを今後、フル活用できるように自身の力を高め、さらに多くの経験をしていきたいと思っています。

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。