コミックマーケットにおける実践的マーケティングの研究

こんにちは!神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 3学年の山口裕太です。
今回は「コミックマーケットにおける実践的マーケティングの研究」についてお話したいと思います。

まずみなさん「コミックマーケット」というものをご存知でしょうか?
コミックマーケット(通称コミケ)とは、年2回(夏と冬に)開催をしている日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームなどの同人即売会のことで、参加者が50万人を超える一大イベントです。毎年東京ビッグサイトにて行われていて、今年は8月14日から3日間行われます。

Comicmarket62_00
コミックマーケット会場内の様子

私は、このイベントでサークル(出店者)として参加します。その中で、今回は表題にもあるように「実践的マーケティングの研究」をしていこうと思っています。
参加者50万人いる中で、自分のサークルの前を通る人は1万人ほどだと思われます。その中で私の作品を見てくれるのはほんの一握り、さらに財布を開いてくれるのはもっと少ないのです。
私の作品を立ち止まってみてくれた人たちにどう訴えかけられるかが今回のポイントになっています。

10888548_1524096071172875_4699109345178086171_n
コミックマーケット 86 に参加した時の様子

私は去年も参加していました。ですが去年は無料配布での参加で、「モノを売る」ということをしていませんでした。今回は値段を付けて販売するため、その値段以上の付加価値をどれだけ出せるかが重要です。
去年実際にやって見ていってくれた人にはこんな方々がいました。

スライド06
見ていくお客様(最終発表スライドより)

こういった人たちに訴えかけられるモノを作っていく中で、私は一番伝えたい人としてさらなる狙いを付けました!

 

スライド07
目標のターゲット(最終発表スライドより)

実践的マーケティングを体験すると同時に「自分を売っていく」ということも意識しています。今後就職に向かっての糸口となるような、爪痕を残せるような、そんな機会にしたいと考えており、メタルスライムほどの確率の方々に「かいしん の いちげき!」を与えられるように頑張っていきます。

このセミナーを受け、IVRC企画書作成の時に得た「魅力的なパッケージングの方法」や、ニコニコ超会議での宣伝、ポートフォリオ制作で学んだ「自分を売り出すこと」を存分に活かし、今回のゴールである「興味を持ってくれた人(先生の経験則では全体の1〜3%)に訴えかけられるものを作る」「自分を買ってくれる人はどんな人なのかを調査」「自分を発信していく」ということを意識し、今回の研究及び自分の発信を成功させたいと思います!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!
もし会場に足を運ばれる方がいらっしゃいましたら是非お立ち寄りください!!

日時:8月16日(日)
会場:東京ビッグサイト 東地区 Rブロック 48b
サークル名:亜空間盆地

何かございましたら私の Facebook までお願い致します。

山口裕太の Facebook ページ

TEPIA先端技術館にてNHKの生放送をナマ体験(2015/7/18)

こんにちは!神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 3学年の山口裕太です。

7月18日の早朝4時起きで「TEPIA 先端技術館」に行ってまいりました!
この先端技術館には、様々な分野の先端技術が展示・実演されています。神奈川工科大学の技術も多く展示されています。

IMG_3604
展示風景

今回は白井研究室の「ExPixel」がNHKの番組「おはよう日本」で生中継されるとのことなので、私はその展示のお手伝いをしてきました!

先端技術館に着くと早速NHKの放送車が!

IMG_3596
NHK中継車

NHKの中継車は初めて見ました。車 1 台で全国放送できてしまうんですね!!

我々も早速放送の準備を開始!
「ExPixel」もNHK特別仕様になりました。

IMG_3623
フィルターカット作業
IMG_3622
「ExPixel」NHK特別Ver

 

私たちが放送の準備をしている中、NHKの方々も打ち合わせしてリハーサルを行っていました。生放送なので中継時間に限りがあるため、時間を常に見ながら行っていました。プロの仕事を目の前で見て、リハーサルなどにおいて「他者からのレビュー」というものがどれだけ大切かということをより感じることが出来ました。最初は時間より何十秒もオーバーしていましたが、打ち合わせで「言葉選び」や「会話のテンポ・抑揚」などそのつど変えたり、「カメラワーク」や「各ブースへの導入」など計4回のリハーサルで我々がいつもテレビで見ている中継の形になっていました。
このように、他者の目がないと自己完結にしかなりません。レビューがあればあるだけよりよいものへと変化できます。リハーサルを通して見て、プロの人がいかにそこに力を入れているかを見ることが出来てよかったです。

IMG_3603
リハーサル・打ち合わせの様子

私たちもプロに負けぬよう、ExPixelの説明をアナウンサーさんに説明したりと、本番までの準備を進めていきました。

IMG_3621
アナウンサーさんとの情報共有

全ての準備が終わり、いよいよ本番!
出演するわけではないけれどもとても緊張していました。
いろいろな作品が紹介されていくのですが、ほとんどの技術がうまく動かず・・・。
心配が募るばかりでしたが、ExPixelは何の問題も無く中継することが出来ました!

 

中継が終了し、みんなホッとして拍手していました。NHKの方は「ここがしっかり動いてくれてよかった!ありがとう!」とコメントいただきました。

IMG_3618
中継終了後のホッと一息集合写真 (左からNHKの入田PD、牛田アナウンサー、神奈川工科大学より白井先生、山口、森先輩、柴本さん、富士通SSLの広報中村さんです)

あっという間の体験でしたが、生放送の大変さというものがすごく伝わって来ました。こうやってプロの方の仕事を間近で拝見できたのはとてもいい体験になりました。そこから得たものをこれから意識して役立てていこうと思います!

 

以上で今回のNHK中継のレポートとさせていただきます。最後までご覧頂きありがとうございました!

7/3 コンテンツ東京に行って来ました!

こんにちは!神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 3学年の山口裕太です。

7月1~3日に東京ビッグサイトにて行われた「コンテンツ東京2015」に行ってまいりました。

IMG_3478

このイベントは、主に企業の方の商談のためのものなのですが、私は大学の授業の一環として先進技術を実際に触れてみようと思い、7月3日にこのイベントに参加させていただきました!

この「コンテンツ東京」では、6つの商談展が同時に行われています。「第4回 クリエイターEXPO」「第3回 プロダクションEXPO」「第1回 コンテンツマーケティングEXPO」「第5回 キャラクター&ブランドライセンス展」「第3回 制作・配信ソリューション展」「第1回 先進コンテンツ技術展」の6つです。私はその中で「第1回 先進コンテンツ技術展」を主に見学して来ました。

IMG_3494

このイベントの中で、私が見て・感じてきたものの一部を紹介したいと思います!

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

ミストプロジェクションシステム「Thru Graph」

IMG_3487

霧を下から吹き上げ、空気の膜で包んだスクリーンに、背面からプロジェクタで映像を投影することによって「ホログラムのような存在感のある映像を空間に投影できる」システムです。この装置は霧を吹き上げているだけなので自由に通過することが可能になっています。

私がこのブースの前に来たときに一番目に目に付いたのがこのシステムでした。下から霧が出てきて、そこに「初音ミク(同社開発 DTM ソフトウェアのキャラクター)」が投影されて驚きました。浮かんで見えるシステムはいくつか見て来ましたが、どれも装置は大きかったです。しかしこの装置は、地面とプロジェクタしか場所がとらないのでさまざまな使い方が出来そうです。アミューズメントパークなどにあったらとても目を引きますし、面白そうです。

 

リアルタイム 3DCG コントロールシステム「R3」

IMG_3489IMG_3488

モーションのデータや表情の動きなどをリアルタイムでコントロールできるシステムです。ライブ演出などのその現場の状況に合わせて自在に変化することが可能になっています。また、展示装置の「R3フィルム」は、映像プロダクション専用に開発された透過スクリーンとなっており、軽量でさまざまなサイズに対応することが出来ます。このシステムが実際に使われた例としては冨田勲さんの「イーハトーヴ交響曲」や、BUMP OF CHICKENさんの曲「ray」などでこの技術が使われていました。

このシステムを以前に聞いたことはあったのですが、実際に目にしたのは初めてでした。透過スクリーンに鮮明に映し出す技術や、リアルタイムで「初音ミク」の表情などを変化させることが出来る技術は体験してみてとても驚きました。コンサートシステムのみならず、他方で面白さを提供できるすばらしいシステムだと感じました。

 

こういった「新しい技術」を目の当たりにして、この先の未来のエンタテインメントがより楽しくなっていくと感じました。これからも技術が生まれていく中で、このような「エンタテインメントシステム」を私も開発できたらいいなと、こっそり闘志を燃やしたいい体験でした。頑張っていきたいです!

それでは最後までご閲覧ありがとうございました!

2015年前期セミナー生 山口裕太の紹介

初めまして、神奈川工科大学3年の山口裕太と申します。

今回は初回ですので、自己紹介と今後の活動についてお話しさせていただきます。

 

山口裕太のプロフィール写真です
ニコニコ超会議での展示手伝い時の写真

改めまして山口裕太と申します。私は白井研究室のセミナー生です。現在、白井研究室のセミナーでは9人の3年生が参加しております。私たち9人は今度開催される「第23回 IVRC 2015 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」に挑戦します。

IVRC 2015 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストについてはこちら

このIVRCを通して、私は「技術的向上」「チームでの協調」などを学ぶだけではなく、「0から作る楽しさ」を一番に体験したいと思っています。

 

話は変わりまして、現在私の名前「山口裕太」でGoogle検索をかけると…

山口裕太でエゴサーチをした結果です
エゴサーチ結果 画像クリックでサーチ結果を表示できます

競艇の選手…

私のひそかな野望は、ボートレースは勝てなくても夏までにこの競艇選手を追い抜いて検索結果1位になることです!僕が1位の予想で券を買うといいと思います!(そんな券はありません)

 

そんなことを考えたりしている私でした。その他、私の情報についてはFacebookにて公開しています。少しでも興味を持っていただけたらそちらを見ていただいたり、友達申請していただければありがたいです。

Facebookアカウントはこちら

 

さて、自己紹介はこの辺にしましてお知らせについて話させていただきます。

今週の土曜日 5/16に渋谷ヒカリエにて「HEAT渋谷 〜ゲーム会社合同説明会〜」が行われます。

HEAT渋谷 〜ゲーム会社合同説明会〜についてはこちら

私は神奈川工科大学のブースでチームと一緒に作ったゲーム「お父さんロボ」を展示します。企業の方がたくさんいらっしゃる中での展示なのでとても緊張しますが、自分たちの作品を見てもらえる貴重な体験ですのでとても楽しみでもあります。企業の方に触れてもらい、感想や批評を糧にこれからも頑張っていきたいです。

 

以上、山口裕太からのお知らせでした。