Publications

著書・論文

  1. Hisataka SUZUKI, Akihiko SHIRAI, Kazuhisa YANAKA, Glassless Augmented Display for Public Signage, The International Journal of Virtual Reality, 2016, 16 (01): pp. 1-6, [Web]
  2. 白井暁彦, 応用物理と遊びの“おもしろい” 話, 応用物理, 第84巻, 第4号, 2015, [Web]
  3. 白井暁彦, 小川耕作, 國富彦岐, 藤村航,小出雄空明, 身体動作と感情表現を連動させたマンガ自動生成システム, The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan Vol.44 No.2, pp.336-347, 2015, [PDF]
  4. 著書 白井博士の未来のゲームデザイン -エンターテインメントシステムの科学-
  5. [download id=”96″ format=”2″]
  6. 著書 ゲームクリエイターが知るべき97のこと 2 共著 2013/08
  7. [download id=”95″ format=”2″]
  8. 総説・解説 「Show Report「SIGGRAPH 2012」」 単著  2012/09
  9. 総説・解説 Show Report「Laval Virtual 2012」 共著 2012/05
  10. 総説・解説 Show Report 「SIGGRAPH ASIA 2011」 単著 2012/02
  11. 総説・解説 「Kinectセンサで自然なジェスチャ入力インタフェースを作る」 共著 2011/11
  12. その他 スマートフォン文学「陽がまた昇るまで」 単著 2011/08
  13. 総説・解説 バーチャル・リアリティの最先端「Laval Virtual 2011」 単著 2011/04
  14. 総説・解説 CG とインタラクティブ技術の国際会議「SIGGRAPH ASIA 2010 Seoul」 単著 2011/03
  15. 著書 WiiRemoteプログラミング 共著 2009/07

共同研究等報告書・公的資料

  • [相模原市市民協働事業] [download id=”126″ format=”4″]
  • [相模原市市民協働事業] [download id=”125″ format=”4″]
  • [相模原市市民協働事業] [download id=”115″ format=”4″]

国際学会・発表 (International Conference)

2016年度

  1. Daiki AGATSUMA, Rex HSIEH, Yuya MOCHIZUKI, Takaya ASANO, Marika HIGASHIDA, Tatsuya NISHIKIZAWA, Akihiko SHIRAI, “Real Baby – Real Family” – Holdable tangible baby VR, Virtual Reality International Conference – Laval Virtual ReVolution 2016
  2. [download id=”198″ format=”2″] [download id=”196″ format=”6″] [download id=”197″ format=”6″]
  3. Fujisawa Yoshiki, Hisataka Suzuki, Rex Hsieh and Akihiko Shirai, “Web-based multiplex image synthesis for digital signage”, IWAIT2017, 2 pages. 2017. [SlideShare] [Demo]
  4. Shirai, Akihiko, Yamaguchi, Yuta; Hsieh, Rex; Suzuki, Hisataka, “Simultaneous Socio-Spatial Shared Signage”,ICAT-EGVE2016 – Posters and Demos ,The Eurographics Association, p.25-26, 2016. [Web]
  5. Yuria Suzuki, Hiroyuki Kawakita, Michihiro Uehara, Toshio Nakagawa, Hiromitsu Nishimura, Akihiko Shirai, “Some Considerations of Age Estimation Method for “Augmented TV” Based on Posture of Gripping Tablet PC”, 18th International Conference, HCI International 2016 – Posters’ Extended Abstracts, HCI International 2016, Toronto, Canada, July 17-22, 2016.
  6. [download id=”194″ format=”2″] [download id=”195″ format=”6″]

2015年度

  1. Glassless Augmented Display for Public Signage, Akihiko Shirai, Hisataka Suzuki, Yuta Yamaguchi, Kazuhisa Yanaka, VRIC 2016, March 23 – 25, 2016, Laval, France [DOI] [PDF]
  2. ExPixel FPGA: Multiplex Hidden Imagery for HDMI Video Sources, Hisataka Suzuki (Kanagawa Institute of Technology), Rex Hsieh (Carnegie Mellon University), Ryotaro Tsuda (Kanagawa Institute of Technology), Akihiko Shirai (Kanagawa Institute of Technology), SIGGRAPH 2015 Posters
  3. Yuria Suzuki, Ayumi Ando, Ryotaro Tsuda, Akihiko Shirai, “Face à la mode: A new immersive entertainment system that can train body and facial expressions”, Virtual Reality International Conference – ACM VRIC 2015 Proceedings
  4. Yuria Suzuki, Ayumi Ando, Hisataka Suzuki, Akihiko Shirai, “face à la mode”, Virtual Reality International Conference – Laval Virtual ReVolution 2015
  5. Hisataka Suzuki, Yuria Suzuki, Ayumi Ando, Akihiko Shirai, “ExPixel FPGA: multiplex hidden imagery  for HDMI video sources “,  Virtual Reality International Conference – Laval Virtual ReVolution 2015 (Awarded)
  6. Akihiko Shirai, Yuki Kose, Kumiko Minobe, Tomoyuki Kimura, Gamification and construction of virtual field museum by using augmented reality game “Ingress'”, Virtual Reality International Conference -ACM VRIC 2015 Proceedings, 4 pages.

2014年度

  1. [download id=”106″ format=”2″] (Poster)[download id=”105″] ACM Student Research Competition 2014 semi-finalist (Top 3 in Undergraduate student in SIGGRAPH 2014 Posters, Bronze Prize)
  2. [download id=”101″ format=”2″]
  3. Nahomi Maki, Akihiko Shirai and Kazuhisa Yanaka. 3DCG Art Expression on a Tablet Device Using Integral Photography
  4. [download id=”102″ format=”2″]
  5. [A] Nahomi Maki, Akihiko Shirai and Kazuhisa Yanaka. 3DCG Art Expression on a Tablet Device Using Integral Photography
  6. [download id=”113″ format=”4″] (Poster)[download id=”114″]

2013年度

  1. “Scritter”, A futuristic AR technology which extends current 3D display, 5th ASIAN FORUM ON SMART MEDIA AND AUGMENTED REALITY, JPEG Augmented Reality, Joint Photographic Experts Group and Augmented Reality Adhoc Group, 2014-02-07
  2. [download id=”87″ format=”4″] (Poster)[download id=”88″]

2012年度

  1. [download id=”76″ format=”4″]
  2. [download id=”2″ format=”2″]
  3. [download id=”25″ format=”2″]

2011

  1. [download id=”26″ format=”2″]
  2. [download id=”48″ format=”2″] Poster : [ PDF ]
  3. [download id=”51″ format=”2″] Poster : [ PDF ]
  4. [download id=”46″ format=”2″] Poster : [ PDF ]
  5. [download id=”45″ format=”2″]
  6. [download id=”50″ format=”2″]
  7. [download id=”31″ format=”2″]

2010

  1. [download id=”59″ format=”2″]    Poster:[ PDF ]
  2. [download id=”61″ format=”2″]

国内学会・発表  (Domestic Conference)

2016年度

  1. 望月宥冶,錦澤竜也, 浅野隆弥,我妻大樹,東田茉莉花,青木真希子, 白井暁彦:「”RealBaby-RealFamily”:抱擁可能なタンジブル赤ちゃんVRシステム」,情報処理学会インタラクション2017 (2017/3/2-4).
  2. 榊原 諒, 白井 暁彦:RTSゲームのプレイログ分析によるプレイヤー養成システム, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2016論文集,2016,42-45 (2016-11-05), Web
  3. 古田 真緒 , 白井 暁彦:A.I.See: 多重化不可視映像技術を用いたボードゲームプレイ上達支援ツール, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2016論文集,2016,52-54 (2016-11-05), Web
  4. 菊崎 駿介, 鈴木 久貴, 白井 暁彦:多重化不可視映像技術(第4報):多重化不可視映像技術による授業支援手法の提案,第21回 日本VR学会大会, 4 pages, 2016/9/14
  5. 鈴木 久貴,山口 裕太,須貝 孝明,白井 暁彦:裸眼多重化映像技術(第1報):裸眼多重化映像生成アルゴリズム❝ExFeild❞,第21回 日本VR学会大会, 4 pages, 2016/9/15
  6. 山口 裕太,鈴木 久貴,須貝 孝明,白井 暁彦:裸眼多重化映像技術(第2報):ExFieldを利用したテーブルトップ型ARゲームシステム -DualDuel-,第21回 日本VR学会大会, 4 pages, 2016/9/15
  7. 多重化多視点VRアーケードゲームシステム-DUAL DUEL-, CEDEC2016,オーディエンス賞受賞,2016/8/24-26
  8. [download id=”192″ format=”2″] Poster[download id=”193″ format=”1″]

2015年度

  1. 超人スポーツのためのボクシングトレーニングツールの開発,岡本 遼, 松澤 孟, 白井 暁彦,第20回日本バーチャルリアリティ学会大会
  2. 複数の笑顔認識デバイスの同時使用によるVRエンタテイメントシステムの評価,津田 良太郎, 鈴木 百合彩, 安藤 歩美, 鈴木 久貴, 白井 暁彦,第20回日本バーチャルリアリティ学会大会
  3.  多重化不可視映像技術(第3報) ―普及型ディスプレイにおける視聴特性評価―,鈴木 久貴, 鈴木 百合彩, 津田 良太郎(神奈川工科大学), Vimuktalop Pinyapach, Jaruthien Nine(Chulalongkorn University), 白井 暁彦,第20回日本バーチャルリアリティ学会大会
  4.  マンガ没入型VRエンタテイメントシステムの長期展示を通した複合ペルソナのデータマイニング,安藤 歩美, 津田 良太郎, 白井 暁彦,第20回日本バーチャルリアリティ学会大会
  5.  Augmented TVを使ったテレビ視聴者の身長推定,鈴木 百合彩(神奈川工科大学), 川喜田 裕之 (NHK放送技術研究所), 鈴木 久貴, 白井 暁彦(神奈川工科大学), 上原 道宏, 中川 俊夫(NHK放送技術研究所),第20回日本バーチャルリアリティ学会大会
  6. エンタテイメント体験前後の笑顔による体験評価 津田 良太郎,鈴木 百合彩,安藤 歩美,白井 暁彦, Entertainment Computing 2015
  7. スマートフォンによる睡眠習慣改善のためのQoL向上アプリの提案 松澤 孟,白井 暁彦, Entertainment Computing 2015
  8. マンガ没入型VRエンタテイメントシステムの長期展示を通した必殺技の集合知による可視化 安藤 歩美,岡本 遼,白井 暁彦, Entertainment Computing 2015
  9. エンタテイメントシステムにおけるパブリックテストの重要性と同意書ガイドライン 白井 暁彦,鈴木 百合彩, Entertainment Computing 2015
  10. ミュージアムのための多重化サイネージシステムの提案 森 拓也,岡本 遼,鈴木 久貴,白井 暁彦, Entertainment Computing 2015
  11. 裸眼立体視技術を応用した多重化映像技術の提案,鈴木久貴, 白井暁彦, 谷中一寿,ITシンポジウム2015
  12. 全身による体験を中心としたエンタテイメントシステムの長期展示を通したコンテンツの客観評価手法,白井暁彦, 安藤歩美,ITシンポジウム2015

 

2014年度

  1. [download id=”124″ format=”2″]
  2. [download id=”123″ format=”2″]
  3. [download id=”122″ format=”2″]
  4. [download id=”121″ format=”2″]
  5. [download id=”120″ format=”2″]
  6. [download id=”119″ format=”2″]
  7. 鈴木久貴,白井暁彦:多重化不可視映像技術(第1報) ―民生品ステレオ3Dフラットパネルでの実現―,第19回日本VR学会大会予稿集(2014)
  8. [download id=”116″ format=”4″]
  9. 田口裕起,鈴木久貴,松下公輝,白井暁彦:プロジェクタとフィジカルコンピューティングを用いた男児向け玩具のエンタテイメントシステム化,日本デジタルゲーム学会 2014年夏季研究発表大会(2014)
  10. 小川耕作,國富彦岐,RexHsieh,白井暁彦:没入型マンガエンタテイメントシステムの国際化と最適化,日本デジタルゲーム学会 2014年夏季研究発表大会(2014)

2013年度

  1. [download id=”110″ format=”4″]
  2. [download id=”111″ format=”4″]
  3. [download id=”107″ format=”4″]
  4. [download id=”108″ format=”4″]
  5. [download id=”109″ format=”4″]
  6. [download id=”91″ format=”4″]
  7. [download id=”89″ format=”4″]
  8. [download id=”90″ format=”4″]
  9. [download id=”112″ format=”4″]
  10. [download id=”85″ format=”2″]
  11. [download id=”86″ format=”2″]
  12. [download id=”80″ format=”4″] 芸術科学会オーガナイズドセッション ベストプレゼンテーション賞
  13. [download id=”83″ format=”4″]
  14. [download id=”82″ format=”4″]
  15. [download id=”81″ format=”4″]
  16. [download id=”78″ format=”4″]
  17. [download id=”79″ format=”4″]
  18. [download id=”77″ format=”4″]
  19. [download id=”84″ format=”2″]

2012年度

  1. [download id=”68″ format=”2″]
  2. [download id=”74″ format=”4″]
  3. [download id=”75″ format=”2″]
  4. [download id=”24″ format=”2″]
  5. [download id=”22″ format=”2″]
  6. [download id=”23″ format=”2″]
  7. [download id=”20″ format=”2″]
  8. [download id=”21″ format=”2″]
  9. [download id=”27″ format=”2″]
  10. [download id=”28″ format=”2″]
  11. [download id=”29″ format=”2″]
  12. [download id=”30″ format=”2″]

2011

  1. [download id=”41″ format=”2″]
  2. [download id=”32″ format=”2″]
  3. [download id=”33″ format=”2″]
  4. [download id=”34″ format=”2″]
  5. [download id=”35″ format=”2″]
  6. [download id=”36″ format=”2″]
  7. [download id=”43″ format=”2″]
  8. [download id=”44″ format=”2″]
  9. [download id=”37″ format=”2″]
  10. [download id=”38″ format=”2″]
  11. [download id=”39″ format=”2″]
  12. [download id=”40″ format=”2″]
  13. [download id=”42″ format=”2″]

2010

  1. [download id=”58″ format=”2″]
  2. [download id=”53″ format=”2″]
  3. [download id=”54″ format=”2″]
  4. [download id=”55″ format=”2″]
  5. [download id=”56″ format=”2″]
  6. [download id=”57″ format=”2″]

学位論文 (Dissertation)

修士論文

2016年度

  • 鈴木 久貴:「多重化映像生成ミドルウェアの開発とVRコンテンツ応用」

2014年度

  • 藤村 航:「産業用実世界指向エンタテイメントシステムの基盤技術開発」
  • 小出 雄空明:「多重化隠蔽映像技術の多様化」
  • 北田 大樹:「スマートフォンの加速度センサを用いたエンタテインメントコンテンツ閲覧時のリアルタイム行動分析」

2013年度

  • 岩楯 翔仁:「センサデータを用いたユーザ体験空間における行動評価 」 [ PDF ]

2012年度

  • 加藤 匠:「エンタテイメントシステムにおける加速度センサを用いたユーザ解析と非言語評価手法の提案」[ PDF ]
  • 山下 泰介:「次世代エンタテイメントシステム開発のためのプロトタイピング手法」[ PDF ]
  • 山本 倫之:「大量生産のための骨格構造を主体としたクリーチャーデザインワークフローの提案

学士論文
2016年度

  • 柏木 諒:「マンガ没入型VRエンタテイメントシステムの長期展示を通した課題の改善」
  • 藤澤 佳記:「Webベース多重化映像生成エンジンの開発」
  • 加藤 仁也:「ボードゲーム遠隔プレイロボットの実現にむけた調査」
  • 山口 裕捺:「自身の成長を描いたプロジェクションマッピング作品の制作」
  • 藤倉 伊織:「手描きアニメーションに特化した制作支援ツールの開発」
  • 菊崎 駿介:「多重化不可視映像技術によるトレーニング支援と合理的配慮」
  • 古田 真緒:「A.I.See:多重化不可視映像技術を用いたボードゲームプレイ上達支援ツール」
  • 山口 裕太:「多人数オフライン環境におけるVRコンテンツの共有手法」
  • 榊原 諒:「プレイログ分析によるe-sportsプレイヤーの養成および発掘システム」
  • 須貝 孝明:「アーケードゲーム用3次元アクション入力システムの開発」

2015年度

  • 森 拓也:「ミュージアムのための多重化サイネージシステムの提案」
  • 鈴木 百合彩:「Augmented TV における年齢推定方式の開発と評価」
  • 津田 良太郎:「笑顔認識技術を利用したエンタテイメント体験の客観評価手法」
  • 中澤 遥:「新しいマンガ表現のための瞳デザインツールの提案」
  • 松澤 孟:「スマートウォッチによる睡眠習慣改善システムの開発」
  • 安藤 歩美:「マンガ没入型VRエンタテイメントシステムの長期展示を通したプレイヤデータの集合知化」
  • 岡本 遼:「超人スポーツのためのボクシングトレーニングツールの開発」

2014年度

  • 伊藤 嘉洋:「位置情報を用いた ゲームセンター検索サービスの開発」
  • 伊藤 諒汰:「没入型エンタテイメントシステムのための チュートリアルコンテンツとプレイヤー理解の分類」
  • 松下 公輝:「Google Drive を用いた 講義サポートシステムの開発」
  • 小川 耕作 :「マンガ没入型エンタテイメント システムの無人運用化」
  • 國富 彦岐:「マンガ没入型エンタテイメントシステムのための コンテンツ製作支援ツールの開発」
  • 鈴木 久貴:「民生品3D フラットパネルにおける 多重化不可視映像の実現と コンテンツ製作ツールの開発」
  • 田口 裕起:「多重化不可視映像の FPGAハードウェア化」
  • 上石 悠樹:「球体ディスプレイを用いた 博物館向けインタラクティブシステムの 開発と常設化」
  • 小瀬 由樹:「代替現実ゲームを用いた フィールドミュージアムの開発と展開手法」

2013年度

  • 神戸 政樹:「組込み系Linuxを用いたノンディスプレイ訪問者対応システム」
  • 李 樹英:「自由なレイアウトとリフロー機能を備えたハイブリッド電子書籍の提案」
  • 小池 智之:「SD法を用いた電子ペーパーデバイスと紙媒体におけるフォント比較評価」
  • 田所 康隆 :「エンタテイメントシステム展示評価のためのアテンションカウンタの開発」
  • 石川 晃:「スマートフォンによる実世界指向ゲームの開発」
  • 小西 瑞輝:「超短期間でiPhoneアプリ開発をするためのフレームワークの開発と評価」
  • 太田 拓也:「Webサーバー統合型セキュリティカメラによる施設利用ライフログ生成システム」
  • 向井 優善:「地域博物館におけるデジタル・ネットワーク・メディアの導入と課題」
  • 野村 結花:「キャラクターbotによる科学的誤解の解決手法」

2012年度

  • 奈良 優斗:「実世界指向エンタテイメントシステムのための失敗しないゲームデザインの提案」[ PDF ]
  • 亀山 直彦:「ソーシャルゲームのジャーナリズム構築を目的としたブログ自動生成」[ PDF ]
  • 鈴木 伸之介:「スマートフォンの加速度センサによる‘’笑いのツボ’’の可視化」PDF ]
  • 加藤 航:「コンピュータゲームジャンルの変容と独立性の可視化」[ PDF ]

2011年度

  • 藤村 航:「骨格情報を用いたNUIにおける認識アルゴリズムの開発」[ PDF ]
  • 北田 大樹:「霧箱を使った科学コミュニケーションのための放射線可視化システムの開発」[ PDF ]
  • 小出 雄空明:「多重化・隠蔽映像を用いたサイネージ・エンタテイメントシステムの試作
  • 宮川 智広:「脈波の物理的可視化によるノンバーバル・コミュニケーション手法の開発」[ PDF ]
  • 小熊 遼:「隠蔽画像システムを応用したカラオケ業務支援システム
  • 都筑 洋平:「ペルソナ法を用いたブログ形式による商品案内サイト構築」[ PDF ]

2010年度

  • 荒原 一成:「映像多重化システムと速度変化に注目したe-sports観戦での高い一体感を生み出す演出手法の提案と開発」[ PDF ]
  • 岩楯 翔仁 :「測域センサを用いたエンタテイメントシステムにおける遊戯状態の可視化による人の自然な振る舞いの物理評価」[ PDF ]
  • 周 利:「デジタルシネマにおけるHDR画像の性質を使ったデバイス非依存のカラーマネジメント 」[ PDF ]