引継ぎワークショップ実施

重点研究 白井グループは2014年度~2015年度の橋渡しとして,引継ぎワークショップを実施します.

■白井研究室 2015/2/3 13:00~15:00 K1-1Fプロジェクト工房

「多重化不可視映像」

・多重化不可視映像とは (白井)
・UnityによるExPixelコンテンツ (鈴木)
・FPGAハードウェアの設定(鈴木)
持ち物:Unity3D Pro(お試し版)をインストールしてきてください

■大塚研究室 2015/2/4 13:00~15:00 予定

「Raspberry Piを用いた環境センサデータ取得法」
・OSのインストールなど環境設定
・環境センサデータの取得
・即域センサデータの取得

■山崎研究室 2015/2/9 13:00~15:00 予定

場所: C2-E206
内容:ヒューマノイドロボットNAOおよびPepper開発のチュートリアル
持ち物:
Choregraphe(試用版)をインストールしたノートPC
下記を参考にインストールをお願いいたします。
www.softbank.jp/robot/developer/tools/sdk/

ワークショップ終了後に、参加学生さんに実験協力をお願いする予定です。

カテゴリー: 活動記録   タグ:   作成者: shirai   この投稿のパーマリンク

shirai の紹介

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 准教授 《略歴》 白井 暁彦 (SHIRAI Akihiko, Ph.D) 1996年 キヤノン(株)入社,キヤノングループの英国ゲームエンジン開発企業Criterionを経て,2001年 東京工業大学総合理工学研究科博士後期課程に復学,2004年に『床面提示型触覚エンタテイメントシステムの提案と開発』で博士(工学)取得.(財)NHK‐ES,フランスLavalでのVRによる地域振興,日本科学未来館科学コミュニケーターを経て,2010年より神奈川工科大学情報学部情報メディア学科准教授.専門はVRエンタテイメントシステム,メディアアートの工学教育.フランスで18年開催されている世界最大のVRフェスティバル「Laval Virtual」の国際デモ部門ReVolutionのチェアマン.24年続く国際学生対抗VRコンテスト「IVRC」の実行委員・審査員.著書に『WiiRemoteプログラミング』,『白井博士の未来のゲームデザイン ―エンターテインメントシステムの科学―』など. (Wikipedia「白井暁彦」) ・本サイトは白井暁彦の作家としての個人Blogです.大学での研究は研究室のブログ,研究論文等の実績はこちらをご参照ください. ・主に所属する機関・組織とは関係ない話題について扱っています.よってその組織などの意思や方針を表すものではありません。そもそも所属組織の意識や方針は公式ホームページ等で参照してください. ・過去のBlog、2005年フランス在住時から含まれています。 時間の流れによって不適切な内容や修正が必要なエントリーも含まれています。 ・講演依頼などはcontactからどうぞ。 Twitterやfacebookからでも構いませんが,削除依頼等の場合,URLはお伝え下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*