SIGGRAPH2014@VancouverConventionCentre レポート

SIGGRAPH2014に参加するために、カナダのバンクーバーに行ってきました。

8/10(日)~8/14(木)までで聴講した講演をリストにまとめるとこうなった。

8/10

  • Digital Ira and Beyond: Creating Photoreal Real-Time Digital Characters
  • IVRC: International Collegiate Virtual Reality Contest
  • Overview of SIGGRAPH (with Japanese interpreter)
  • The Future is Here: Augmented and Virtual Reality
  • Computational Cameras and Displays
  • Technical Papers Fast Forward

8/11

  • Advances in Real-Time Rendering in Games, Part1
  • Technical Papers -Faces-
  • Computer Animation Festival – Electronic Theater

8/12

  • Technical Papers -Non-Photorealistic Rendering-
  • Technical Papers -Displays-
  • Depth Camera Motion Capture and Scanning BOF
  • Technical Papers -Computational Sensing & Display-
  • Real-Time Live!

8/13

  • Technical Papers -Image
    Tricks-

11日と13日には途中Emerging Technologyを見る時間を取ったことで見る講演の数が減った感じがするな。
それと12日と13日にはお昼の一時間でポスター前でセッションがあったから13日は余計に少ないなぁ。
それとそれと13日はDCAJのパーティーに参加したから著しく少ないなぁ。。
14日に関しては一個もなし!Student Research Competitionのセミファイナリストに選ばれたからプレゼンの準備だったり、緊張だったりで他の人の講演を聞く余裕がありませんでした。

8/10(日)の初日は午前の時間帯はSIGGRAPHの勝手がわからず緊張していたが、Digital Iraのカンファレンスが最初で耳慣らしにはちょうどよかった。

初日は9時からのカンファレンスなのにレジストレーションに並んだり、ポスター展示したり、道に迷ったりしていたら1時間遅れての聴講になってしまいました。
僕が入った時には光が反射する面の表面の凹凸とかでの反射の仕方が説明されているスライドが流れていて、座ってゆっくり聞き始めてからは人間の目のウェット感の表現についての話題でした。そのほかにもメッシュがストレッチすることを色によって可視化することで、デモではキャラクターが笑うと顔のメッシュが強くストレッチするところを確認できました。最初に聞くカンファレンスとしては大変満足いく内容でした。

IVRCではカメラマンをしていました。隣のプレスパスを持っているカメラマンに「君のカメラも3D対応だよね!ずーっと気になっていたよ」と話かけられテンションが上がりました。

Overview of SIGGRAPHは初めて参加する僕にとっては)SIGGRAPHを満喫するためになる講演でした。
初めて参加する人向けにSIGGRAPHで扱っているジャンルや、関係者が今年注目している発表などを日本語通訳を合わせて聞けたのでとても助かりました。

落合さんのPixie Dustのプレゼンはとても面白くて参考にしたいプレゼンだったなぁ。
すごい技術でも淡々と喋られたら眠くなるだけだもんな。見習いたい。

Kinectが開発したカメラデバイスに取り付けるだけでデプスカメラになるというデバイスがすげー‼って思ってたらTechnityに取り上げられてた。
マイクロソフトリサーチ、スマホカメラや市販のウェブカムをKinect化する技術を開発

Real-Time Liveでは Augmented Virtual Reality Contestのリアルタイム投票が行われてBirdlyが楽しそうに見えたからEmerging Technologyに行ったらすごい列になっているし、やっぱり楽しいんだろうな。。 並んででもやればよかった。

Emerging TechnologyではLaval VirtualであったCYBERITHのチャックマックに再会できたのがよかった。めちゃくちゃ楽しい人だしTGSにも来るって言ってたからVRSJの帰りにTGS行こうかなと思いました。
ここのVirtualizerはKickstarterで成功しているみたいだし、俺もなんかKickstaルか。

他にもいろいろ楽しいことがありすぎて書けないのでこのくらいで終わりとします。
最初の方で話したStudent Research Competitionについては銅賞を頂きました‼

IMG_4716

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*