Archive for メディアアート

ホリエモン主催!! 春のVR/AR祭り参加レポ

こんばんは。
3/31に白井研究室のメンバーでホリエモン主催の春のVR/AR祭りに参加してきました!

今回は白井先生にパネラーの依頼があったので、参加する機会を得ることが出来ました!
(うちの研究室はVRとかエンターテイメントシステムの研究室なので)

さすがホリエモンですね!
参加者がもう大物揃いでした!!
・落合陽一(メディアアーティスト, 実業家, 研究者)
・白井暁彦(神奈川工科大学 准教授)
・藤井直敬(理化学研究所 SR研究者)
・GOROman(Oculus Riftエバンジェリスト(自称))
・伊藤(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン エバンジェリスト)

全員の話に共通して思ったことは、皆さん二歩,三歩先の未来のことを考えているなぁと言うことです。

未来を考えることを当たり前に行う人は、現実的に考えてしまう自分にはとても羨ましい思考回路の持ち主に映ります^^

落合さんは音響場浮揚を実演したり、(初めて知ったのですが)コロイドディスプレイについてプレゼンされていました。使い捨てディスプレイの時代が来ると言ってたのが印象的です。
それとVR/ARの次のジェネレーションの話で、”現実”と”○○現実”と言うわけ方は無くなって、全て引っくるめて現実になるという考えを示していました。
落合さんの『現実とVirtualの区別がなくなる』という言葉がすごく印象的でした。

白井先生はManga GeneratorとScritterについてプレゼンされました。Manga Generatorの新たな広告媒体としての価値と唯一無二のユーザー体験が好評だったと感じます。
Scritterについては4/9からのLaval Virtualで展示と発表をしますので是非足を運んでみてください!

藤井さんはSRの実験とか、可能性についてのお話しされてました。
SRはVR/ARに比べて馴染みが薄いのですが、代替現実と言って、時間軸上の別の点の者同士が同じタイミングで起きることで、衝撃的な体験ができるというものです。
過去の人物の映像と現在の背景を組み合わせて見せることで、見てる側はあたかもそこに人物が居ると認識するとかいったものです。

GOROmanさんと伊藤さんは二人でOculus Riftのデモについてというより、寺田ゲームで盛り上げていましたw近日中にUnityストアで買えるそうです!
最後は乗馬ダイエットマシーンと乗馬Oculusコンテンツとサーキュレーターを組み合わせた、バーチャル乗馬体験が盛り上がっていました!!

こういう方々とお会いすると刺激的で自分に喝を入れられていい。
ただ、こういう機会を得られるのを当たり前に思わないように注意しなくては。

この間OculusRiftで論文発表してますと言っただけで、『写真撮らせてください!』ってお願いされてびっくりしました。
多分自分は普通の感覚では無くなって来てるので、そこは気をつけつつも世の中を驚かして行ける最先端テクノロジーを研究していきたいと思います。