相模Ingress部,活動開始!

既存の代替現実ゲームであるIngressを用い、相模原の若者に地域の史跡・文化財を知ってもらい、博物への知識や地元愛に溢れた人物への育成を目指す組織「相模Ingress部」が発足しました!

相模原市立博物館との協働事業からスタートし、博物館のオンライン市民学芸活動という位置づけで、市立博物館のWebサイトで公開しています。

技術的にはIngress紹介ブログを簡単に書くためのスマホで撮影したEXIF情報を使ってGIS(地理情報、GPS座標)を地図表示するWordpressプラグインなども開発しています。

http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/

ちなみにIngressを使った地域振興は岩手県でも行っているようです。
http://blog.livedoor.jp/noblog0125/archives/15514475.html
12月には東京で初めて、Ingressのイベントが開催され、参加者規模は数千人と言われています。
今後、大手メディアなどでも扱われ、社会現象になるようこともあるかもしれないですね!