芸術科学会NICOGRAPH2013で研究発表を行いました

芸術科学会 NICOGRAPH2013 で研究発表を行いました。

NICOGRAPHは1985年に旧(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会により第1回NICOGRAPH論文コンテストが開催されて以来、日本におけるCG・マルチメディア関係者の恒例行事として、もっとも伝統のある学術会議の一つです。

〔主な論文分野〕
CG, 形状モデリング, レンダリング, アニメーション, ゲーム, 可視化,CAD/CAE/CAM, 画像処理技術, 音声処理技術, 音楽処理技術, ヒューマンインタフェース, バーチャルリアリティ, エージェントシステム, CG システム,マルチメディアシステム, 音楽コンテンツ, インタラクティブアートコンテンツ,アニメーションコンテンツ, メディアアートコンテンツ, インスタレーションコンテンツ, モダンアートコンテンツ, アート評論など

〔発表論文〕
[ショートペーパー]
SD法を用いた電子ペーパーデバイスと紙媒体におけるフォント比較評価
小池 智之,李 樹英,白井 暁彦(神奈川工科大学)
近年,電子出版の発展により手軽に自筆の書籍を出版できるようになった.しかし出版にあたって,種類が多岐にわたるフォントの中から適切なフォントを選択して使用するのは困難である. 本報告は, フォントが与えるイメージを特定することを目的に, 電子ペーパーデバイス上におけるフォントのデザインに対する心理的評価を,SD 法を用いて行い,従来の紙メディアとの特性を比較する.本研究では特に横太ゴシック体,ゴシック体,教科書体の評価に関して E Ink と紙との結果に違いが確認された [PDF]

[ポスター]
自由なレイアウトとリフロー機能を備えたハイブリッド電子書籍の提案
李 樹英,小池 智之,白井 暁彦(神奈川工科大学)
現在,爆発的に普及しつつある電子書籍のフォーマットには,PDF をベースとしたマンガや雑誌等レイアウトを重視したものと,HTML をベースとした新聞や小説など文章,内容を重視したもので,大きく分けて 2 つの形式が存在する.本研究ではそのどちらにも着目し,レイアウトを崩さず且つ文章を綺麗に表現することを主軸に,学会誌,マンガ,小説の 3 つの点からリフローを利用したハイブリッド電子書籍の提案を行う. [PDF]

会場は山梨県の「ぶどうの丘」というワインセラーで行われました。もちろん発表も真面目にやってます。

その他の発表はこちら

http://cofun.shirai.la/m.php?c=5

なお、白井先生は今回初めて国内学会のプログラム委員長を担当だったらしく、査読期間がSIGGRAPH2013遠征とぶつかるわ、夏休みはなくなるわで、とても大変だったそうです。

リツイートとfavの数がけっこうありますね…。