「白井研究室通信」 第29号

「白井研究室通信」 第29号/卒論・修論がんばりました/GGJ参加/フランス行き決定!(2013年2月5日発行)

=====================================================================
このメールニュースは、神奈川工科大学 白井暁彦または白井研究室の者と名刺交換等させていただいた方々にお送りさせていただいています。
このメールニュースがご不要の際は http://j.mp/ShiraiLabSubsc より配信先の停止をご申請ください。
=====================================================================

<今月号ごあいさつ>
今月のご挨拶は3年・白井研配属予定の小池智之です。
早いもので2013年も一ヶ月が流れました。厳しい冬も終わりが近づくと名残惜しいものです。2月といえば、世の男性諸君の評価が二つにわけられる残酷なイベントがありましたね。
それでは皆さん心に悲しみが生まれないことを祈りつつ……ハッピーバレンタイン。

■–INDEX–■
1. 平成24年度卒業研究・論文提出無事完了!
2. 大学院博士前期課程 岩楯翔仁 修論提出完了
3. 「瞬刊少年マルマル」改め「Manga Generator」Laval Virtual ReVolution2013に採択!
4. GGJ(グローバルゲームジャム)2013特集
5. 白井研究室「白紙出版」連載開始
6. ブログ更新情報
編集後記「春が来るまでにやりたいこと」
—–
■NHKサイエンスZERO「SF世界が現実に!プロジェクション映像技術の衝撃」再放送!
2/10 23:30~、2/16 12:30~ http://blog.shirai.la/blog/2012/11/25-nhk/
—–
1.平成24年度卒業研究・論文提出無事完了!卒業論文発表会を2/8に実施
2013年1月29日、平成24年度の白井研究室卒研生全員が、
以下の卒業論文の執筆を終了し提出いたしました。
058042 亀山直彦
「ソーシャルゲームのジャーナリズム構築を目的としたブログ自動生成」
0823048 加藤 航
「コンピューターゲームジャンル変容と独立性の可視化」
0923081 鈴木伸之介
「スマートフォンの加速度センサによる“笑いのツボ”の可視化」
0923115 奈良優斗
「正の評価関数を使用した実世界指向エンタテイメントシステムのためのゲームデザインの提案」
卒業論文の内容は2月8日神奈川工科大学内で開催される発表会にて発表予定です。
成果物発表会(デモ展示)は、神奈川工科大学K1-1Fメディア工房にて
2月5~7日(コアタイム14~16時)に予定されています。
スウェーデンからの留学生 Jonas Schild,Khamla Vonsenseyの映像作品・メイキングも発表です。
■平成24年度卒論関連 http://blog.shirai.la/blog/2013/01/diploma-thesis/
■提出までの苦闘の様子はこちら http://blog.shirai.la/blog/2013/01/sotsuron-battle-field/

2. 大学院博士前期課程 岩楯翔仁 修論提出完了
白井研の歴史がはじまってから、ずっと白井研の学生だった岩楯さんが、2013年2月1日修士論文を提出しました。
1185032 岩楯翔仁(博士前期課程)
「センサデータを用いたユーザ体験空間における行動評価」
色々悩んでいた時期もありましたが、結局提出日前日に終える事ができてよかったです。
学部時代、卒業論文を書いていた頃は初めての大きな論文でとか、
進学が決まってなかったとかで色々切羽詰まってる中での執筆でしたが、
今回の論文執筆はそういった流れを経験した後だからなのか、
終わってみるとあの時と比べて辛くは無かったような印象です。
耐性がついてあの時と比べて成長したのかなと感じた瞬間でした。
まだ2月13日の発表が残っていますが、支えてくれた皆様、応援してくれた皆様ありがとうございました。
[iwalog] http://blog.shirai.la/iwadate/

3. 「瞬刊少年マルマル」改め「Manga Generator」Laval Virtual ReVolution2013に採択!
2013年3月20~24日にフランスLavalで行われる欧州最大の
VRに関する国際フェスティバル「Laval Virtual 2013」の国際公募デモセッション「ReVolution」に
「瞬刊少年マルマル」改め「Manga Generator」が採択されました!
国際コンテストでは3位、国内ではTV出演3件という作品ですが、初めての海外展示になります。
日本国内では、海外の方に体験して頂く機会は少なかったので、沢山の意見を頂く良い機会だと思います。
漫画文化に親しみが深い日本人だけでなく、海外の方にも楽しんでもらえるように改良を加えていきたいと思います。
YouTube動画「瞬刊少年マルマル」(英語版・開発中)

Laval Virtual ReVolution 2013採択作品一覧
http://www.laval-virtual.org/2013/?p=377
現在フランスに向けて、新機能を開発中!
2/5~7にはK1-1F プロジェクト工房で卒制展の脇で展示させて頂きます!

4.GGJ(グローバルゲームジャム)2013特集 (3年・石川、小西、神戸、田所)
2013年1月25~27日、「48時間で世界同時にゲームを開発するイベント
『Global Game Jam 2013』」八王子会場(東京工科大学)に白井研配属予定の3年生が参加して参りました。
■速報ブログ「Global Game Jam 2013に白井研配属予定の新4年生が参戦」
http://blog.shirai.la/blog/2013/01/ggj2013/
白井先生も「企画大喜利」で快勝し「ファミスタの父」から初代ファミスタのカセットを頂けることになったそうです。
そんな裏話の裏話。以下は、参加した学生の手記です。

【神戸】 TEAM8「時間がないので急いでいる」 作品『どんぱっぱ』
作品概要:ボタンを押す事でフィールドに発生させた波に乗って進みパパを体当たりで画面端に押し出すゲームです。
体験談:経験や知識が少なくとも出来る事は色々とあります。貴重な体験ができるので是非参加してみてください。
詳細URL: http://j.mp/GGJ2013Goudo

【石川】 TEAM3「ドP」作品『Heart Boiled』
作品概要:プレイ人数2人固定。二人で協力して次々とカップルを成立させるハートフルなゲームです。
体験談:ゲームクリエイターを志す人の「48時間の過ごし方」としては最高のものです。思い出に残る経験になります。
詳細URL: http://j.mp/GGJ2013Ishikawa

【小西】 TEAM15「ロシアンブルー」 作品『ネコ戦記』
作品概要:暗闇の中でかすかな光と心音を頼りにネズミを撃退する一人称視点ゲームです。
体験談:技術的にも精神面的にも成長できるイベントです。 同じ志をもつ仲間を増やすいい機会になりました。
詳細URL: http://j.mp/GGJ2013Konishi

【田所】TEAM12「血管年齢20歳(ハタチ)」作品「HEART BEAT」
作品概要:成功すると心臓は元気に!失敗すると心停止!?HEART BEATでリズムを掴め!!
体験談:あっという間で楽しく為になる48時間だという事が下のブログに書いてあります。制作物へのリンクもあります。とりあえずリーダー希望は必須。
詳細URL: http://j.mp/GGJ2013Tado

★なお、上記ブログアクセスのログを取っています。ゲームはまだ続いています!
「面白そう!」と感じたURLをぜひクリックしてあげてください!
【神戸】 http://j.mp/GGJ2013Goudo 【石川】 http://j.mp/GGJ2013Ishikawa
【小西】 http://j.mp/GGJ2013Konishi  【田所】 http://j.mp/GGJ2013Tado

5.白井研究室「白紙出版」連載開始 (3年・小池、スヨン)
白井研で「電子出版」について研究テーマをすすめている小池とスヨンです。
『ブクログのパブー』さんにて「白紙出版」という出版ブランドを立ち上げています。
“白紙(PaperWhite)”という名前のわりには中身がある、というあたりを狙っています。
今月から小説とゲーム記事の2作品同時連載開始です。お楽しみください!

■小説「ユウリの旅日記 part1」(小池智之作)
概要:目を覚ましたとき少女は記憶を失っていた。唯一の持ち物の日記を手がかりに、なくした記憶を探す少女の旅。
詳細はこちら http://j.mp/koikeblog
★表紙・挿絵は小出雄空明先輩に描いて頂きました!

■ゲーム体験記「ゲームは一日一時まで 第一夜」(スヨン作)
概要:「ゲームは1時間!」これを忠実に守りつつどこまで楽しめるかに挑戦!
詳細はこちら http://j.mp/suyong

6.ブログ更新情報(各位)
白井研では「全活動時間の10%をブログに充てるべし」という指導があります。
そんなわけで3年生はブログの立ち上げからスタート。
関連:大人ブログ講座 http://blog.shirai.la/blog/2013/01/blogs/
以下、ここ最近の面白い記事の紹介です。
『10%のBlog』 http://p.tl/H9kQ
『最近妙に気になるゲームがあります』 http://p.tl/BsZE
『入門「機械学習」 覚え書きメモ1』 http://j.mp/URiu48

7. カムラ&ヨナスの日本日記
カムラ khamla
「更新はこちらです http://khamlicious.tumblr.com/  髪切りました。」
Our time in this beautiful country is about to end.
Even though we miss home, it is with sadness to leave this culture and it’s friendly people. Valuable knowledge been learned and this country’s art will inspire us for many circles. But the end of something is always the start of a new beginning. The beginning of spring is a perfect reflection of my feelings.
この美しい国の我々の時間は、終わろうとしています。もし我々がこの家を失うとしても、この文化とフレンドリーな人々のもとを去ることは悲しみです。 貴重な知識や博識です、そして、この国の芸術は、多くの輪で我々をインスパイアします。しかし、何かの終わりは、常に新しい始めの始まりです。 春の初めは、私の感情の完全なリフレクションです*。

ヨナスJonas
Time flies. It’s been 4 months since we arrived to Japan, and it’s only around 1 month left until we leave to go back to Sweden. It’s been a real adventure and we’ve learned a lot. It’s been a really good experience to see the Japanese culture, since it’s so different from our own. I will miss this country. The 5-7 of February I’ll display my projects at the KAIT building.
I also newly posted an update for my projects on my webpage;
www.jonasschild.com

私も、ウェブ・ページにプロジェクトの最新版を新しくポストしました。 www.jonasschild.com
光陰矢の如し。 我々が日本に到着した時から、もう4ヵ月です。そして、我々がスウェーデンに戻るために去るまで、残った日はもうおよそ1ヵ月しかありません。 それは本当に冒険でした、そして、我々はたいへん多くのことを学びました。 それは我々自身の文化とは大きく異なるということもあり、日本文化を体験することは本当に良い経験でした。 私は、この国を去ります。KAITでのプロジェクト2月5~7日に発表します。
★二人の作品メイキングは卒業研究成果展示会においてメディア工房にて発表いたします。
2013年2月5~7日 14時~16時 K1-1F メディア工房

■編集後記 今号のテーマ「春が来るまでにやりたいこと」 – What do want to be done before spring comes.
(李)本棚の整理、色々と基礎の勉強をしたいですね。
(小池)えんため大賞に応募。+積んでる本を消費。
(太田)目標のために知識等をきちんと身に付ける
(石川)スマホ用アプリの開発環境を整えて、美味いラーメンが食べたい。
(田所)ゲークリをがんばるぞ☆SPIも頑張るぞ☆
(小西)ゲームクリエイター特訓で製作中のゲームの完成&ブラッシュアップを頑張る!
(國富)基本情報技術者試験に向けてぼちぼち勉強開始
(向井)GTX 680 or GTX 670 のグラボを買いたい。
(神戸)目標や自分の部屋、パソコンのデータ等いろいろと整理する。
(カムラ)*Spring is often use as a metaphor for rebirth in Scandinavia. スカンジナビアでは春はしばしば再生(rebirth)の例えとして使われます。
(ヨナス)I want to find an apartment in Sweden that I can move into as soon as I’m in Sweden. スウェーデンにもどったらすぐにアパート探したい。
(北田)読みかけの本を何冊か読破
(亀山)たまったゲーム・プラモの処理。あと、ちょっと遠出したい。
(岩楯)パソコンorPS3買いたい
(鈴木)引越しの準備を済ませてお29きたい
(白井)庭木の手入れ。あとフランス語検定の勉強再開とか。

★次回はいよいよ30号★
フランス遠征も冷めやらぬ中、 ゴールデンウィークの「あのビッグイベント」が白井研に振りかかる!

-+-+-+-+-+-+-
白井研究室では留学生交換や、企業・他大学との共同研究、インターンシッププログラムなどを積極的に開発しています。科学コミュニケーションや先端技術、エンタテイメ ント技術、イベントや共同研究のご提案、また本メールニュースへのお知らせなどの掲載希望などはこちらまでお気軽にお寄せください。もちろんご意見ご感想も歓迎です。
お問い合わせフォーム http://j.mp/shirailabc
白井研究室facebook  http://j.mp/FBShiraiLab
白井研究室メールニュース「白井研究室通信」第29号
ご購読/配信停止はこちらから http://j.mp/ShiraiLabSubsc
著作製作:神奈川工科大学 白井研究室 / 改変はご遠慮ください
-+-+-+-+-+-+-