デジタルコンテンツエキスポ2010 ~次世代コンテンツ技術展・国際3Dフェアにて発表~

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科・小島研究室、白井研究室は2010年10月14~17日に日本科学未来館・国際交流館(東京お台場)にて開催される、先端的なデジタルコンテンツの展示会「デジタルコンテンツエキスポ2010」(http://dcexpo.jp/)に出展、研究成果を発表いたします。

【日時】

  • 2010年10月14日(木)~17日(日) 10時~17時

【会場・主催】

  • 日本科学未来館・国際交流館(東京お台場)
  • 主催:経済産業省、財団法人デジタルコンテンツ協会
【発表内容】

次世代コンテンツ技術展ConTEX

【展示】「RT2CharaAR Project」(アールティツーキャラエーアールプロジェクト)     展示会場:日本科学未来館 1F シンボルゾーン

情報メディア学科・小島研究室、株式会社イマジカ、株式会社プレミアムエージェンシー、日本アイ・ビー・エム株式会社による、エンターテイメント分野における次世代クラウドコンピューティングの実装を目的とした研究で、リアルタイムモーションキャプチャシステムを伝送技術で接続し、3Dグラフィックエンジンで統合したキャラクターAR環境を最新のデバイスに表示します。

「国際3Dフェア・シアター」+「ConTEX ・4Kデジタル映像祭」

情報メディア学科・白井研究室ではハイビジョンテレビの4倍の解像度を持つ4K映像システムを3台使用し、世界最大規模、最先端の高精細・立体映像を上映いたします。

【講演】

  • 「3D産業に付加価値を!多重化映像コンテンツ上映方式『Scritter』」
  • 「次世代映像技術が拓くイマジネーション~地デジの明日、4Kの地平線」

上映会場:日本科学未来館 7F イノベーションホール

【参加費】

無料(一部プログラムは要予約:http://dcexpo.jp/ )

【お問い合わせ】

<出展内容につきまして>神奈川工科大学 企画広報課 TEL.046-291-3002

<デジタルコンテンツエキスポ>財団法人デジタルコンテンツ協会:金田、大森、土屋

メール:info@dcexpo.jp TEL:03-3512-3901

プレス取材対応日 10月14日9:00-10:00