「 Real baby / Real family」のアーカイブを表示中です。

東田 茉莉花

投稿者: 東田 茉莉花

Newアートワーク!

2017年4月12日 (アートワーク)

bonjour, tout le monde!グラフィク担当の東田でございます.

さて,LavalVirtualも終わってしまいましたが,Babyチームの半分(リーダー望月,プログラマ浅野,翻訳家Rex)は日本ではなく、現地フランスにてLavalの準備をしていました.

私はポスターやリーフレットやらそのあたりを制作.……進捗が丸わかりになる部分ですね!ヒィ!

本日はそのあたりをお伝えします(*˘︶˘*).。.:*♡

 

旅行の様子は個人ブログで公開しています(露骨な宣伝)のでお時間の有る方はどうぞ.

残りのエントリーを読む →

望月 宥冶 のプロフィール写真

投稿者: 望月 宥冶

Japan VR fest.展示

2017年2月27日 (展示レポート)

こんにちは。望月です。

2月25日に行われたイベントJapan VR Fest.に参加し、「Real Baby – Real Family」を展示させて頂きました。

今回はJapan VR festでの展示の様子をお届け致します。

会場案内

私たちのチームは前日設営には参加せず当日設営だったため、朝8:00に会場入りするために、
大学を朝5:00に出発しなければならなかったため、なかなかハードでした。

設営の様子

筺体設営完了

しかし、筺体まで組んだところで、「あれ?赤ちゃんベットを止めるネジと、パソコンの映像端子がない..」ということに気づき、10:00に秋葉原を買い出しで駆け回ることになりましたが、10:30には買い出しを終えて、無事、設営完了することができました。今回の失敗を次の展示(インタラクション2017)で繰り返さないためにも、機材リスト作成(ケーブル1本単位)は徹底したいですね。あとは、荷造りを1人ではなく、数人でこなすと「○○入れた?」などの確認の会話が飛び交い忘れ物も無くなるのではないでしょうか。

展示は11:00から開始し、1,2週間前にお父さんになった方や、カップルでJapan VR fest.を楽しみに来られた方、家族連れで来られた方、外国人の親子、2次元の中の人、など、言語を越え、次元も越えて多くの方々に体験して頂くことができました。(13未満のお子様には保護者の方に斜視になるおそれを説明したうえで、Viveのバンドを締めない状態で体験して頂いております)

イクメン教習

子どもが赤ちゃんを育てる

体験の中身に興味津々

カップルで体験

外国人の方も日本の育児体験

外国人の子どもも育児体験

次元を越えた育児体験

 

 

展示を終えて大学に帰り、Twitterで「赤ちゃん VR」と検索し眺めていたら、朝日新聞デジタル編集部記者の方からとても励まされるようなコメントを頂いておりましたので、ご紹介します。

私たちはこの体験を通して「家族愛を伝えたい」という思いから制作を始めました。
また、学会に向けて論文を書く中で「家族愛」では技術的な論文を書けないため、「ナーシングシミュレータ」や「エンタテインメントとしての在り方」を探っている最中の展示で、「感情・本能のハック」、「いてもたってもいられない感情が、自分の深いところから湧いてくる」といった感想を頂き、技術だけでは語れない体験がそこに在り、私たちはVRを通してそれを伝えていける誇らしいことにチャレンジしているのだと実感しました。

 

Japan VR fest.のレポートは以上で終わりです。
次はインタラクション2017でお会いしましょう。

望月 宥冶 のプロフィール写真

投稿者: 望月 宥冶

2017年春の「Real Baby」展示情報

2017年2月23日 (展示情報)

こんにちは。望月です。

今回は2017年2〜3月の展示情報についてお知らせ致します。
IVRCよりパワーアップした展示をお送りするので、是非遊びに来てください。

Japan VR fest

日時: 2017年 2月 25日(土) 11:00~18:00 (撤収作業の都合上18:00前に体験を終了する可能性があります。)
場所: ベルサール秋葉原 2階 アキバ大好き祭内

昨年度まではOculus Festivalという名称で開催されていたイベントですが、
HTC Viveが発売されたことを受け、Japan VR festに改名されたイベントです。
都内で開催され、多くのインディーゲーム作品が集い、そのVRゲームを無料で体験することができます。
また、私たちの作品を学会以外の場所で体験できる数少ない機会となっております。是非お越し下さい。ブース38番でお待ちしております。

インタラクション2017

日時: 2017年 3月 2日(木)~4日(土) 10:00~
場所: 明治大学中野キャンパス

情報処理学会主催のシンボジウムです。
学会発表ということもあり、口頭発表や展示審査が中心ですが、インタラクション2017主催にあたり
「一般の参加者(家族連れや中高生など)の方にもインタラクション研究の最前線を体験頂く機会を提供する」
ということを視野に入れて開催されたイベントでもありますので、気兼ねなくお越しください。

3日間で異なる展示・発表を行っており、Babyの体験が行えるのは3月4日(土) 12:30~14:30 6階 ブース番号55での展示のみとなっております。
プログラムをご覧のうえ、お越しくださいますようお願い致します。

Laval Virtual 2017

日時: 2017年 3月 22日(木)~26日(土) 10:00~
場所: Laval Place de Hercé

Babyの初の国際展示になっております。欧州最大のVRイベント、Laval Virtual日本からお越しいただくことは少々困難な場所ではありますが、
このBlogを通じてイベントの様子や、現地での活動の様子を張り切ってリポートしていこうと思いますので、ご期待ください。

また、新たにポスターを制作したので、こちらも是非ご覧ください。

我妻 大樹 のプロフィール写真

投稿者: 我妻 大樹

IVRC決勝大会振り返り

2016年11月9日 (開発者日記)

こんにちは、ハード担当の我妻と代表の望月です。
今回は決勝大会を振り返ってみたいと思います。

———– 前日(10/28)———–
開場時間が10:00~なのでなるべく早く会場入りしたいところですが、本厚木にある大学から東京テレポートには二時間かかります。
メンバー全員が寝坊しない、現実的な時間(しても起こしに行けるくらいの時間?)として11時過ぎに会場入りしました。

14938304_1226970304037524_3831831029877044008_n
自分は初めて日本科学未来館にいったのですが、ガラス張りできれいな建物でした。
今回は、通常の入り口でなはなく出展者入り口で入ります。

先に会場に送っていた荷物を受け取り、骨組みを完成させて、いったんお昼にしました。近くにコンビニがあり助かります!
14900577_1226970097370878_7481563072560943363_n

ということで、お昼過ぎからブースの設営を再開します。こんな感じでブースの設営が終わりました。大体16時頃だったと思います。

 

14937178_1226969744037580_6285464703752365643_n

が、チームのメンバーにやってもらうと不親切さが目立つと言われました…

プログラム的なバグは前日までに直していたのですが体験の修正はしていなかったのでここにきて…という気持ちはありましたが
会場内でできる限りわかりやすくしようと修正しました。
しかし、撤収時間は20:30までなので限られた時間ではありましたが、なんとかある程度まで修正を間に合わせることができました。

この日は20時過ぎに解散して次の日に備えることにしました。

———– 審査当日(10/29)———–
この日は10:00~12:00展示審査なので、すこし早めに集まります。
8:30に会場入りをし最後の動作テストと、体験のフローを確認しました。

審査ではVRコンテンツでの視線誘導を促す方法や、顔画像についての学術的な意見を頂き、この展示を通して「Real baby / Real family」の発展に繋がる非常に大切な時間となりました。

審査時間が終わってからは、IVRCブースも一般開放され、たくさんの方にコンテンツを体験して頂くことが出来ました。
私たちのコンテンツは、友達同士や家族で来られた方に非常に好感触でした!
私たちのブースを去った後にも体験者にプレゼントした母子手帳に載せてある赤ちゃん画像を見比べて楽しんでいる様子が見ることができました。
夏からこのコンテンツを制作してきて良かったと思える最高の瞬間だったと思います。
また、体験者の中で二次元画像から推測した赤ちゃんを作りたいという方が来られ、私たちの企画の新たな切り口を発見することができました。

16:00からは表彰式がありました。
14937233_1226969704037584_4415885491108741627_n

今年は多くの協賛企業賞がありましたが、残念ながら私たちは受賞することができませんでした。
しかし、ほかのチームの作品も私たち同様に予選会からブラッシュアップを重ねており、さすがだと思うばかりでした。
授賞式終盤、企業賞の次に、フランスのLavalで展示することができる大変栄誉ある賞、Laval virtual賞の発表がありました。

ここまで、VR学会賞や協賛企業賞を受賞できなく、何一つとして賞をとって帰れないんじゃないかという思いや、
自分たちの英語力やフランスの示唆、Laval virtualのテーマとの関係性から受賞できるかもしれないという思いの中、
Laval virtualの委員であるLaurentさんに呼ばれたのは私たちでした。嬉しさと驚きを感じながら壇上に上がりました。
IVRCのグランプリは逃してしまいましたが、それ以上のものを勝ち取ることができたと思います。

14900359_1226969630704258_2164181498199001940_n
その後はIVRCの懇談会があり、私たちチームのスポンサーとして作品を支えてくれた富士通SSLの方や、IVRCの協賛企業の方、
夏からずっと私たちをずっと支えてきてくれた先輩方に挨拶し、また、他のチームの方とも交流を深めることが出来ました。

14947427_1226969430704278_7521713163392821016_n

———– 一般開放日(10/30)———–
一般開放日は多くの方に私たちの企画を体験して頂くため、赤ちゃんをあやす体験のほかに2人の顔から赤ちゃんの顔を推測するのみのブースを作りました。
そこで私たちが使用していたカメラの画角の狭さが良い方向に働き、撮影する際には体験者さん2人にとても近づいていただきました。
ふと思ったのですが、それだけでコミュニケーションツールとして大いに機能するのではないかと思いました。
img_3490

Laval virtual賞をいただいた記念として、Laurentさんと写真を撮らせていただきました。
Laurentさんに、「もっといろいろなことを経験して、もっともっとこの作品を向上してほしい!」と激励されました。
この言葉を胸に3月のLaval virtualにむけて、「Real baby/ Real family」をよくしていきます!
14947826_1226969157370972_6868130758833838473_n14907208_1226969234037631_5096206162981477767_n

この日はIVRC2016として作品を展示するのは最後ということもあり、他の作品を体験しに行きました。
どの作品も予選よりも強化されており、開発欲のそそられる作品ばかりでした。
また、他のIVRCチームの方にも私たちの作品を体験して頂き、交流を深めることができました。
来年も日本科学未来館で展示ができるように、さらなるスキルアップを目指したいです。

IVRC実行委員会や協賛企業の方々、個人的ではありますがスポンサーの富士通SSLのご協力のお陰で盛会に終わることができました。
また「Real baby / Real family」も100人を超える多くの方々に体験して頂き、開発者としても嬉しい限りです。
「Real baby / Real family」はLavalに向けて進化できるように、これからも尽力致しますので、ご支援ご協力の程、宜しくお願いします。

望月 宥冶 のプロフィール写真

投稿者: 望月 宥冶

IVRC予選大会

2016年10月23日 (開発者日記)

こんにちは。
明るい家族計画の望月です。

少し遅くなりましたが、IVRC予選会の様子をお届けします。

————————————前日設営日———————————–
朝早く大学に集合し、コンテンツで使用する紙を確保するために、A4用紙を持ち寄り、裁断機でA5サイズに…
余裕をもって大学を出発し、秋葉原でブースを彩るためのフォトフレームや写真用紙を購入。
移動中の荷物がとても重く、会場に着いた頃にはメンバー全員疲れきっていました。

予定時間より早く機材が届いていたので、到着後すぐに筺体の組み立てに入ることができました。
筺体

筺体組み立て後は宿に帰り、印刷物の確認をしました。
しかしプリンタの調子が悪く、原因を追及したところ、移動時起きたインクの偏りと自作したA5の紙が悪さをしていたので、紙を市販のものにして、プリンタをクリーニングしたら正常に動いてくれました。

————————————1日目(審査日)———————————–

会場に到着したら、プリンタを設置しなおし一度クリーニング。
しかし、コンテンツを動かしてみるとViveがデフォルト画面のまま動かない不具合…
迷った末、我妻君のVR環境対応のノートPCを使うことになりました。
やはり、高い部品や製品であっても予備があると安心できます。

この日はプレゼンテーションの日でした。
私たちのコンテンツはインストラクター2~3人推奨でしたが、プレゼンテーション中は我妻君が頑張ってくれました。

プレゼン中に企業の方が沢山ブースに来たようで、このときIVRCシールをねだっておけば…と少し後悔しました。
また、外国人の方に英語対応する機会があったようで、今後のことを含めて、英語でのコンテンツ説明も練習しなければならないと思いました。

後半は東京ゲームショウの方の展示設営に向かっていた浅野君と合流し、4人でコンテンツを回すことができました。

一日目終了後、メイン機でViveが動かない問題を解決するために、パソコンをホテルに持ち帰り整備しました。
また、チームの別働隊(望月、浅野君)で秋葉原に行き、ヘッドホンを購入し、体験の回転効率の向上を図りました。

————————————2日目(結果発表日)———————————–

2日目は1日目に持って帰ったメイン機の設営と試運転のため、朝早く会場に行き入り口待機
会場でも無事 メイン機でViveが動き2日目からはデスクトップPCでコンテンツを動かすことができました。

作品コンセプト「これはあなたの未来の赤ちゃんに会えるVRメディアアート作品です

一般の方にはとても好印象で、たくさんの方にコンテンツを体験して頂けました。
後半は体験者への対応に慣れてきましたが、午前中コンテンツを回していただけなのに、とても疲れました。

この日は夕方から結果発表があったので、それまで待機。

結果は10位入賞し、決勝大会進出!!

その後はつくばの麺や 蒼 (AOI)で祝賀会ラーメン

ホテル到着後この日はひさびさの?自由時間
ホテルでテレビ見ながらゆっくりできました。
IVRC予選

%e8%9c%80%e5%92%8f%e6%82%84-2016-09-20-12-20-25

————————————3日目(一般公開日)———————————–
3日目(一般公開日)

チームメンバーで1人ずつ30分間の休憩を回しながら気になるIVRC作品探索
その後1時間休憩をはさんで、お昼兼IVRC作品探索兼企業出展を見る時間に

耳トンネル、しょくどう、ブラジル、浮世絵

多くの方にReal baby / Real family を紹介しました。
2人プレイで体験されていく方はやはり反応が良く、ブースを出たあとに証明書を見せ合ったりしているところが私のモチベーションを高くさせてくれます。
また、企業の方との名刺交換や、大学生の方や、御隣のブース、御向かいのブースとも仲良くさせていただきました。

3日間トラブルはあったものの、最後まで止まることなくコンテンツを動かすことができました。
14590428_1199857883415433_5343011320696780445_n

14470666_1199857643415457_6738891935708782461_n
「みかけハこハゐが 全部俺である」チーム:¬広重(公立はこだて未来大学)の方と記念写真を撮りました。
決勝でまた会えるのを楽しみにしています!

終了後、片づけをしてVR学会で展示をしていた先輩方と合流してサイゼリアでお疲れさまでした会
お疲れ様会

前日設営を含めて、凄まじい4日でしたが、一日一日がとても充実感溢れるものでした。
決勝大会では、コンテンツをより良いものに仕上げ、目指せ1位で頑張りたいと思います。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-12-20-57